Dialysis

岡山でもよくある人工透析患者のかゆみについて

車椅子

人工透析とは、腎臓が十分な機能をしなくなったときに、腎臓の機能を人工的に代替する治療法のことを言います。透析患者数は約32万人で、多くの方が人工透析の治療を受けています。その患者の中で、皮膚のかゆみを訴える人が非常に多いのです。痛みには耐えられるけど、身体のかゆみには耐えられないと訴える患者もおり、患者のQOLに関わる問題となっています。
かゆみの原因は、皮膚の乾燥・尿毒素物質の蓄積・アレルギー反応・治療の際に使用する消毒液やテープなどが体に合わないことなどが挙げられます。
対策としては、(1)外用薬を使用する。皮膚の乾燥・刺激を防ぐために保湿作用のあるものを塗る。(2)中分子毒素の除去。オンラインHDFによる大量補液により改善することがある。(3)投薬を行う。内服薬としては、特に抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬が使用されます。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬が効かない場合は、レミッチという薬を使用すると改善する場合があります。
レミッチは、かゆみを発現する物質の発現を防ぐ効果があります。(4)衣類に注意する。羊毛・化学繊維は刺激が強いので直接皮膚に触れないようにし、肌着は木綿を使用することをおすすめします。以上のことが主に挙げられます。

choices contents

岡山の透析療法にも2つのタイプがある

聴診器

・血液透析血液を通してダイアライザー(透析器)という透析装置が余分な水分や老廃物を取り除き、きれいになった血液を体内に戻す方法です。シャントと呼ばれ、血液の「送り出し…

more...

岡山でもよくある人工透析患者のかゆみについて

車椅子

人工透析とは、腎臓が十分な機能をしなくなったときに、腎臓の機能を人工的に代替する治療法のことを言います。透析患者数は約32万人で、多くの方が人工透析の治療を受けています。その…

more...

岡山でおこなう血液透析というのはどんなことか

救急箱

血液透析というのは、簡単に言えば体内に蓄積されていってしまう余分な水分や老廃物を取り除く治療のことです。どうしてそんなことをするのか、といいますとそれはなんといっても腎臓が悪…

more...

岡山で治療する血液透析の仕組みと特徴

点滴

血液透析は血管に針を刺します。そして、そこから血液を出していき、機械に通すのです。ダイアライザと呼ばれる透析器を使うことになります。そこの膜に通して老廃物などを除去することが…

more...