Dialysis

岡山の透析療法にも2つのタイプがある

聴診器

・血液透析
血液を通してダイアライザー(透析器)という透析装置が余分な水分や老廃物を取り除き、きれいになった血液を体内に戻す方法です。シャントと呼ばれ、血液の「送り出し口」「戻り口」である「シャント」をつくるための手術が必要になります。手首近くの動脈と静脈をつないでシャントという太い血管をつくり、ここから血液の出し入れを行います。病院や病状によって違いもみられますが、治療にかかる時間は1回約4~5時間で、週に3回通院することが必要です。
・腹膜透析
自分のおなかの腹膜を透析膜として利用する方法。おなかに埋め込んだカテーテルから透析液を注入して、血液中の余分な水分や老廃物がしみ出た透析液を体外に取り出すことで、腎臓の変わりになります。透析液の交換は1回約30分程度かかり、1日4回必要。始めて行う方は訓練等、色々指導が受けられると思います。
この方法は、夜だけ機械を使って腹膜透析を行うこともでき、自宅や勤務先で行えることができるようです。通院は月に1~2回程度ですみますが、室内で行う時、衛生環境も考えると、腹膜炎を起こしやすくカテーテルの衛生管理に注意が必要と思われます。腹膜のろ過機能が低下したら(5~10年)医師の指摘により、血液透析に切り替えるので、検診が必要です。
この2つのタイプ、それぞれ受ける時は、透析療法は、腎臓専門医との相談や診断の結果によります。

choices contents

岡山の透析療法にも2つのタイプがある

聴診器

・血液透析血液を通してダイアライザー(透析器)という透析装置が余分な水分や老廃物を取り除き、きれいになった血液を体内に戻す方法です。シャントと呼ばれ、血液の「送り出し…

more...

岡山でもよくある人工透析患者のかゆみについて

車椅子

人工透析とは、腎臓が十分な機能をしなくなったときに、腎臓の機能を人工的に代替する治療法のことを言います。透析患者数は約32万人で、多くの方が人工透析の治療を受けています。その…

more...

岡山でおこなう血液透析というのはどんなことか

救急箱

血液透析というのは、簡単に言えば体内に蓄積されていってしまう余分な水分や老廃物を取り除く治療のことです。どうしてそんなことをするのか、といいますとそれはなんといっても腎臓が悪…

more...

岡山で治療する血液透析の仕組みと特徴

点滴

血液透析は血管に針を刺します。そして、そこから血液を出していき、機械に通すのです。ダイアライザと呼ばれる透析器を使うことになります。そこの膜に通して老廃物などを除去することが…

more...